Page: 1/2   >>
漆箸
悲しい気持ちで立ち寄ったデパートで目に止まった漆箸
具合の悪い父の箸と似ていて胸がギュッとしました。

高価で分不相応なのも十分承知していましたが
職人さんの言葉が心に刺さってしまいました。

この箸は私が知っている限りでも1.2とも思える職人の作品です。
大切に使って頂ければ8年は軽く持ちます。
価値の分かって下さる方に私はお買い上げ頂きたいのです。と、、

価値なんて分からないし
今がとても辛くて8年先の事を考えるなんて到底出来ないけれど
もし8年先の自分が今より苦しくなかったらイイな涙
そんな雲を掴むような気持ちでこの箸を購入しました。
間もなく父は天に召されましたが あの時の私に伝えたい。
安心して下さい 悲しみを乗り越える事が出来ましたよと。

あれから13年
少し痩せた感はありますが、このお箸は今も現役で活躍中。
本当に凄いモノだったのかもしれないです。

iPhoneImage.png









 
- -
花器
特別な日に見つけた特別な花器 
素晴らしい出逢いに感謝 ハート













 
- -
オーダー筆入れ。



仲良くさせていただいている ハンドメイド作家さんの
モトリーヌさんに 親子でお揃いの筆入れを作って頂きました。
学校に持って行ってる赤い鉛筆とお揃いです♪

鉛筆の部分にポケットも付いてるのですよ〜!凝り過ぎっ 
下布に合わせて鉛筆の芯まで変えて下さいました〜!
遊び書きがまた可愛い〜! コレ!!!ミシンで絵を描いていらっしゃるのです!
そして消しゴムの部分に名前を刺繍して入れて下さいました〜! イイネ でしょ
(今日は水玉のシールを付けてます!)

細かい部分にまで拘りのある 素晴らしい作品であります!
イベントも年に何度がありますので是非お手に取ってご覧頂きたい作品です。

ホームページもございますので是非遊びにいらして下さいませね!→ ココからgo

ココをポチッと!励みになります。









comments(0) -
本池秀夫 革の世界展
 本日4月16日から23日まで
新宿高島屋で「本池秀夫 革の世界展」が開催されます。
全て革で作られた繊細で美しい芸術作品の世界を是非ご堪能下さい。

昨日「徹子の部屋」に本池さんが出ているよ〜!
とお友達からメールが来て驚き!!急いでTVをつけました。
じぇじぇじぇ!!!すごく親しげにお話されてるんですけど〜〜〜!♪

何年ぶりの再会でしょうか?
私が若き頃 本池さんの作品を扱わせて頂いていた頃が蘇りました。
当時は恐いもの知らずで無知だった私の企画を快く承諾して下さり
オリジナルの作品を制作して下さった 大変懐の深い大人な方でした。 
ダンディーで当時には珍しく長髪で後ろで毛を結ぶ姿。。  
芸術家ってこんな人の事をいうのだなぁ〜!としみじみ感じた時代でもありました。
良い男っぷりは健在です〜! 
 ちなみに てっぺんは怪しいけど ウチの主人も結ぶ人。って誰も聞いてないか。。

革で実物大のキリンや像の作品は圧巻です!が
本池さんの作り出すとっても小さな世界観が私は大好きです。
多分 息を止めて口を塞いで見入ってしまう人続出です!

美しいモノ 小さな物 細かく繊細な物が好きな方にオススメです。
間違い無しの太鼓判です。是非皆様でお出掛け下さいませ。

ココをポチッと!励みになります。






comments(2) -
お数珠
お数珠はお守りと同じなのだそうです。
たとえ親子でもお守りを譲渡したり 形見分けするモノではなく
自分の旅立ちの時に一緒に持っていくものなのだそう。

父の七回忌が終わりました。
成人の日に亡くなってお葬式は弟の誕生日。
賑やか好きな父らしい記憶に残る旅立ちでした。
月日が経つのは本当に早いものです。



- -
阿左美尚彦 陶展
原宿のZakkaさんで阿左美尚彦さんの個展が始まりました。
繊細で ラインが美しく 暖かみのある作風がとても好みです。
今回は貫入が綺麗な噐といろいろ活用出来そうな大皿を新調しました。
2004年にお会いして作っていただいた角皿が定番になったと聞き!嬉し♪
通常でもお取り扱いがありますが個展は23日まで開催です。



- -
小さな小さな宝物♪
bebe-chanは職人さんです。いえ妖精さんです♪
女の子が誕生したらお願いしたいと思っていたお人形。
ある時 男の子のお人形を見せていただいてドキュンと矢が刺さってしまいました。
くりくり坊主におヒゲが生える前にと♪お願いをして。。。

水玉の絨毯の上でぐっすりと眠っているのは全身ビスクのお人形身長約7センチ♪
実際にいつも一緒にいるクマさんやヒツジさんまでそのまま小さくなりました。
背中には小さな文字でお誕生日とお名前が書いてあります。
お着替えも可能です! 夏の肌着やパジャマも作ってくれました。
棒編のセーターパンツお帽子靴下はピッタリとフィットして
靴下を履いてからのサイズに合わせたベージュの素敵なお靴も履いています。
なんと中敷まで水玉です。見えない所にもお洒落がギュ〜〜と詰まった子。 

日々成長してゆく子供を見守りながらも このお人形を眺め時を止めて。。。
ミルクの香りの赤ちゃんだった時まで行ったり来たり!
3歳8ヶ月。実年齢のお人形は入園記念となりました。 
bebe-chan本当にありがとうございました。



- -
おひつ
秋田杉のおひつを使っています。  
お米の余分な水分を木が吸収してくれるので
冷めてもふっくらとして美味しいご飯です。
伝統工芸士柴田慶信さんの大館曲げわっぱ 底が丸く削られています。

子供の頃は冷めたご飯が苦手でした。
お弁当を全部たべられたコトがなくて。。。 いつまでも残されて。。。
涙をおかずにしていた幼い私。 だったのホントに本当に。
唯一好きだった経木に入ったお赤飯を思い出しました。

おひつを買ったと母に言ったなら。。
きっと。。。 
その前に電子レンジを買いなさい!と言われそうで。。。
そのまた前にテレビを買いなさい!と言われそうで。。。
せっかくの美味しいご飯生活を言い出せずにいる私です。




- -
シンギングバード
大切な宝物をご紹介致します。
小鳥が入った箱はシンギングバードと申します。

ボタンを押すと小さなフタが開きます。
3センチ弱のハチ鳥が クチバシや羽を動かし澄んだ声で鳴きます。
数秒鳴くとパタリとまた小さなおウチに戻ってしまいます。

この鳥は本物のハチ鳥の羽を使用しているので
全て違う柄の小鳥が生まれます。
羽は約50年間保管し劣化しなかったモノを使用するそうです。

スイスの山奥。何の雑音も無い世界の中で職人さんが
音を選び 1つ1つの肯定を踏みながら組み立ててゆくそうです。
オルゴールではとても有名なリュージュ社製。
20年以上前に初めて見た時から憧れ続けていたこのオルゴール。
いつかいつかと思っておりました。

たまたま夫も子供も酉年生まれ♪
この機を逃したらもう一生買えないと思い 子供の誕生記念に選んだ品です。
清水の舞台から飛び降りてしまいました。ひゅ〜〜。。。
オーダーをしてから到着まで約3ヶ月。本当に手元に届くかとても心配でした。
大き〜〜な箱に入ってスイスから届いた時にはもう心が破裂寸前でした。






- -
菩提樹
お釈迦様の木と言われる菩提樹の木。
1粒1粒手作業で彫り上げられているこの星月菩提樹には
沢山の星と1つの月が刻まれています。
信仰はありませんが神秘の世界が気になってお守りにしています。

年に1度伝統職人展の催事でご主人にお会いします。
修理をしていただいたり近況報告をしたり。。。
毎度ご主人の手元の素敵なお守りをチェックしてしまう私です。



- -

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode